LINE登録で200円クーポンプレゼント👈

太いバーを用いたトレーニング

”FAT GRIPZは、標準的な器具では再現できないレベルの筋肥大と筋力アップを実現させます。 経験豊富なパワーリフターでさえ、太いバーに切り替えることで、わずか数か月で大幅な筋肥大/筋力アップを遂げることは珍しくありません”

 

・太いバーを用いたトレーニング
太いバーを用いたトレーニングは何十年も前から存在します。昔はそれを使って、今日では到底理解できないほどの筋肥大と筋力アップを実現しました。

標準装備のバーには通常1インチほど(2.54cm程度)の太さがあります。俗にいう
太いバーには通常1.75〜2.75インチ(4.45cm~6.99cm)の太さがあります。

その昔、太いバーを用いたトレーニングは、それを実現する器具が存在しなかったため、パワーリフターが即興で器具を作り始まりました。


現代においては、太いバーを用いたトレーニングは、エリート兵士、プロアスリート、チャンピオンのディービルダーによってほぼ独占的に使用されています。彼らは最も効果的にトレーニングする方法を知っており、非常に高価な太いバー、太いハンドルのダンベル、太いプルアップバーを購入できるお金があるからです。これらのフルセットは、数万ドルの費用がかかる可能性があります。

 

多くの世界的トップコーチが太いバーを用いたトレーニングを強く推奨しています。

太いバーに切り替えるだけの簡単な方法で、手や前腕だけでなく、全身でこのような主要な筋肉の筋肥大と筋力アップを実現できると考えられるのは、非常に驚くべきことです。 「そんな簡単なことで効果が得られるのか?!」という懐疑論は、太いバーを初めて使用したときに変わる可能性があります。

実際、最初は特に変化を感じないかも知れません。 しかし多くのトレーニーが、太いバーを初めて使用してから数日間、前腕と上腕二頭筋を触ると痛むと報告しています。

 

いくつかの理由があります。

 

・運動連鎖と強い筋収縮
太いバーは、手と前腕、上腕と上半身全体の筋肉を強く刺激します。それは運動連鎖(キネティック・チェーン)の原理によって機能します。筋肉を強く収縮させると、周囲の筋肉も収縮します。したがって、たとえば上腕二頭筋を最大に収縮させるには、前腕も最大に収縮させる必要があります。もちろん、より多くの筋肉の活性化は、大幅な筋肥大と筋力アップを意味します。

これが、成功したパワーリフターが巨大で強力な背中の筋肉を構築するために一生懸命トレーニングする理由の1つです…。彼らのベンチプレスの記録を伸ばすために。

最初は直感に反するように聞こえますが、背中の「引っ張る」筋肉をトレーニングすると、正面の「押す」筋肉が強くなります。彼らは自分の体が強くなるためにはそのバランスを必要としていることを知っているので、これを行います。

ほとんどすべてのエクササイズで、手はウェイトとの接触点ですが、ほとんどのパワーリフターは、手が強くなり、大きくなる際の役割を過小評価しています。太いバーは手、指、前腕を非常に強くするので、体は最終的に上腕、背中、胸の筋肥大と筋力の増加を「抑える」のをやめます。


・あらゆる角度からのトレーニング

太いバーを用いたトレーニングは、手、指、前腕をあらゆる角度から自動的にトレーニングします。ベンチプレスをしている場合に、太いバーは同様にチンニングをしている場合とはまったく異なる方法で手と前腕を鍛えます。

グリッパーのような他の握力トレーニング方法も有用ですが、それらは局所的であり、手と前腕を同じ方法で何度もトレーニングするため、筋力の不均衡や怪我につながる可能性があります。

太いバーを用いたトレーニングはまた、人間の手の自然な機能を完全に再現します。

重くて握りにくい物体を持ち上げます。人間は、手を使って木や岩の顔を登ったり、丸太や動物を運んだりするように進化してきました。太いバーを用いたトレーニングはこれを再現するための優れた方法です。

 

・記録は、一番弱い部位の筋力に足を引っ張られます
背中と脚の筋力が315kgデッドリフトを許容できるが、腕が135kgしか許容できない場合、デッドリフトの最大挙上重量
は135kgです。手、手首、前腕、上腕を太いバーを用いたトレーニングで強化することで、全身を強くすることができます。

 

・関節への負担をおさえ、ケガのリスクをおさえ、筋力の不均衡を抑える

多くのトレーニーは、太いバーを用いたトレーニングで短期間に筋肥大と筋力アップを実現することを目的にしますが、

多くのパワーリフターは、太いバーを用いたトレーニングが手首、肘、および肩のケガのリスクを軽減することを報告しています。

もちろん、これはまさに私たちが望んでいることです。この効果は、太いバーが手の広い領域に重量を分散させるためと考えられます(太いバーでのベンチプレスを想像してください)。

つまり、重量が腕全体に均等に分散されることを意味します。スニーカーとピンヒールの違いに似ています。

FAT GRIPZトレーニングを通常のトレーニングに組み込むには、すべてのエクササイズにFAT GRIPZを使用するだけです。ベンチプレス、オーバーヘッドプレス、チンニング、ローイング、デッドリフト、アームカール、トライセップエクステンションなど、すべてのエクササイズにFAT GRIPZを使用します。