LINE登録で200円クーポンプレゼント👈

トレーニング時のケガのリスクを軽減したい方へ~FAT GRIPZのススメ

こんばんは。

FAT GRIPZを日本に広める人、深田です('ω')ノ 

 

さて、今日は少し変わった観点からFAT GRIPZをお勧めしてみます。

怖い怖いトレーニング時のケガのお話しです。

 

みなさんは、扱う重量が増していくと、、ダンベルやバーベルを持つ手に痛みを感じてくるようになりませんでしたか?

 

俺はそれ、、如実に感じますね。人それぞれかもしれませんが。

俺程度の非力マンですら、ダンベルフライやベンチプレスの時に、痛みを感じます。手のひら痛い、、。

 

しかしまあ、痛みというか、不快感というか、、。

 

これは

 

細くて

硬くて

重い

 

ものが体の狭い範囲にのしかかり続けることへのストレス。でしょうね。

 

ちなみに、

多くのパワーリフターは、太いバーを用いたトレーニングが手首、肘、および肩のケガのリスクを軽減することを報告しています。

この効果は、太いバーが手の広い領域に重量を分散させるためと考えられます(太いバーでのベンチプレスを想像してください)。

つまり、重量が腕全体に均等に分散されることを意味します。これはスニーカーとピンヒールの違いに似ていますね。

 

同じ重量の人間に踏まれるなら、スニーカーとピンヒール、、、どちらがケガのリスクが高いですか???という話ですね(*´Д`)

ピンヒールをスニーカーにしちゃおう(FAT GRIPZ装着)という意味ですね!

 

 

とかく、上腕二頭筋や上腕三頭筋、前腕の筋力アップや筋肥大の目的で使われるFAT GRIPZ(ファットグリップ)ですが、高重量を扱いケガのリスクの高いかたにも是非使ってみてほしいですね(*´Д`)

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。