LINE登録で200円クーポンプレゼント👈

腕が大きくならない人-オーバーワークの可能性

こんにちは。

FAT GRIPZを日本に広める人、深田です('ω')ノ

 

アルティメットアームビルダーの異名をとり、たくましい上腕や前腕を入手するのにうってつけの筋トレアイテム、それがFAT GRIPZ(ファットグリップ)なんですが、気をつけなければいけないことがあります。

 

オーバーワーク

です。

 

・・

・・・

 

なぜオーバーワークに留意せねばならないのか

上腕二頭筋も上腕三頭筋も前腕も、ベンチプレスやチンニング、ローイングなどの多関節種目で十分に使われている可能性が高いから、、です。

 

シーテッドローイング

シーテッドローイング

 

ベンチプレス

ベンチプレス

 

チンニング

チンニング

 

これら上半身の多関節種目は、胸や背中をメインターゲットにしながらもサブ的に上腕や前腕の筋肉を使っています。

 

これら多関節種目を十分に行った後に腕トレを頑張りすぎてしまうと、「オーバーワーク」となってしまい、腕の筋肉の成長を妨げてしまう、、というわけです。

 

ちなみに、私が以前2年ほどついていたトレーナーさん(めちゃくちゃデカい)は腕トレを行っていませんでした。

?「ベンチプレスやディップス、ローイングで腕は補助的に鍛えられるので腕をメインターゲットにしたトレーニングはしない」

という主義のトレーナーさんでした(^^♪

それでいて極太の腕でしたし、ご本人も満足なんですからそれはそれで良いと思います(^^♪

しかし、カッコいい腕を手に入れたい・腕トレが楽しい,,,という方は是非オーバーワークだけは気を付けて腕トレに励んでくださいね。

 

 

 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。